ホワイトニング

なぜ歯の色は変わるのか?〜着色の正体〜

歯の断面図

歯の表面部分であるエナメル質は、ほぼ無色透明です。
そのエナメル質の表面に有機色素が付着することにより、
歯が着色して見えます。
また、もともと黄色っぽい色をしている象牙質が
加齢により厚みが増してくることも一つの原因です。